インプラント治療におけるコンピューターシミュレーションについて

インプラント治療はチタンでできたネジを顎の骨の中に埋め込み、その上に人口の歯をかぶせる治療法です。

インプラント治療は外科手術が必要ですから口腔内の重要な血管や神経を傷つけないように骨の形や厚み、骨の密度などさまざまな視点から状態を正確に把握して、安全に治療を行わなければなりません。

そのためCT検査のデータをもとにパソコン上で手術のシュミレーションを行います。

患者さんは事前にシュミレーション画像をみながら説明を受ける事で手術内容を理解し、納得した上で安心して手術に臨むことができます。

コンピューターシュミレーションで骨の形や厚み、骨密度など詳しく調べてインプラントを埋め込む位置や角度を決め、患者さんに最も適したサイズや形状のインプラントを選択することでより安全な治療が可能になりました。

インプラント治療の準備の流れ

ページの先頭へ