なぜ矯正治療は必要なのか

矯正治療は美しい容貌や素敵な笑顔を作ることはもちろん、歯などの口腔内や全身の健康を維持するために必要なのです。

1. むし歯や歯周病になりやすい

歯が重なったり凸凹に並んでいると、十分に歯みがきできずに食べかすもたまりやすくなります。そのため、むし歯や歯周病にかかりやすくなります。

2. よく噛めない

歯並びが悪いと正しい咬合ができません。そのために、食べ物を正しくかむことができず、まる飲みのクセがついてしまい、胃腸にも大きな負担を与えてしまいます。

3. 顎の成長、顔のかたちにも影響する

顎の骨や顔の筋肉は、正しくかむことで発達します。不正咬合だとそれができませんので、顎が歪んだりする影響がでてきます。

4. 口もとが気になる

歯並びが悪いとコンプレックスの原因になり、話したり笑うときについ口もとを手で隠したりします。ストレスもたまり、歯ぎしり、肩こり、姿勢も悪くなりがちです。

5. 発音しにくい

かみ合わせの状態によって、さまざまな発音障害がでてきます。とくに英語などの外国語の発音が難しくなります。

このように、矯正治療は健康面とともに精神面の向上をめざすことが目的です。

ページの先頭へ