きれいな歯並びは大切なのです

不正咬合と矯正歯科治療について

ここでは歯並びが不揃いのため噛み合わせがきちっといかない「不正咬合」とその治療についてお話します。不正咬合といってもどこからが正常でどこからが異常(不正)なのか明確な基準はありませんが、不正咬合や歯列不正の方はまず食べ物が十分に噛み砕けないことで、消化器官に負担がかかることがあります。また、歯と歯との間に食べかすがたまり易く当然むし歯にも歯槽膿漏にもなりやすく、場合によっては発音が十分できずコミュニケーションに支障がでることもあります。心身ともに健康を保つためにも不正咬合の治療は必要になってきます。

①矯正治療の目的について

矯正治療を希望される患者さんのほとんどは前歯の乱れなど見た目の審美的な問題を訴えて来院されます。美しい口元は人に好印象を与えられますが逆に歯並びが悪いと笑顔にも自身がもてませんし、最近では日本も八重歯がかわいいとは言われなくなってきました。最近の矯正装置はシンプルであまり目立たなくなりましたので、ファッションモデルさんでも装置をつけて堂々と雑誌に出られています。

しかし、詳しく調べてみると咀嚼がうまくできず消化不良を起こし顎や体の成長を妨げたり、顎の関節に負担をかけ顎関節症になったり、発音がうまくできないなどの機能的な問題もあることがわかります。また、歯並びが悪いと歯ブラシの届きにくい部位ができるため、歯の周囲は不潔になり、むし歯や歯周病になりやすく、予防的な観点からもマイナスになります。他にも、コンプレックス(精神的ストレス)につながることもあります。

単に不正なかみ合わせによる審美的な障害を取り除くのではなく、正常な口腔の機能が営めるような環境を確立することが治療の目的で、口全体のあるいは全身の健康を守り、予防するための総合的な歯科治療の一部として行われるものなのです。

②不正咬合の原因について

歯並びが乱れる原因は遺伝子的な要因や歯の萠出異常、萠出位置の異常、指しゃぶりの長期化や鼻疾患などによる口呼吸、舌癖などの局所的な要因や顎の発達が悪く小さい顎に対して歯が並びきれない親知らずも歯並びを悪くする原因となります。

また乳歯が過度な虫歯になった場合、生え変わる永久歯が正しい方向や位置に生えないこともあり、永久歯が生えてくるから乳歯は虫歯になっても大丈夫などと考えてはいけません。永久歯も失って放置したままだと歯並びが悪くなることがあります。

このように原因は個人により様々です。
それでは不正な咬み合わせの実例をいくつか示します。

③不正咬合の治療

不正咬合はその症状に応じた歯科矯正治療によって治療が行われています。矯正歯科治療についてよくある質問を次にあげてみましょう。

どのくらいの間隔で通院するのですか?
口の中に装置が入った場合、通常3〜4週間に1回程度です。歯の骨や反応を確かめて、安全確実に治療するためです。
第一段階の治療のあと、歯の生え代わりを観察する期間や、保定する期間では、3〜6か月に1回の通院となります。
治療の期間はどのくらいかかりますか?
症状や年齢によって違います。
永久歯列で、上下のアゴのバランスに大きな問題がない場合、ふつう2〜3年くらいで、その後1〜2年ほど後もどりしないように、保定する期間が必要です。
大人でも治療できますか?

基本的には高齢の方でも、矯正治療は可能ですが、ある程度むし歯や歯槽膿漏が治療されて、健康な口の中である必要があります。また、子供にくらべ、骨が硬く、歯の移動が遅くなります。さらに、アゴの骨の手術による手助けをかりることもあります。

治療をはじめるには、どのようなことをするのですか?
まず、初診相談となります。顔や口の中を診査して、診て感じたことと、矯正治療の一般的な話や注意事項等をお話して、納得いただければ、検査の予約となります。検査は、歯型(模型)、顔やアゴの歯のレントゲン写真、口の中と顔の写真をとり、その他必要な資料を採ります。
後日、それらの資料をもとに総合的に診断した結果の説明を行います。問題点を提示し、いつの時期に、何を目標に、どのような装置で治療するか、また費用についても説明します。
歯ならびを治すために、歯を抜くことがありますか?
歯の本数を減らすかどうかの判断は、矯正専門医にとって非常に重要な判断です。なるべく抜かなくても治療できるものはありますが、条件によっては抜歯した方がよいと判断する場合の方が多いのが現状です。
そのためには、まず専門医による検査と診断が必要です。検査の項目は、上下歯列の型を採って模型をつくり、歯並びの凹凸の程度を調べる・矯正歯科独特の顎顔面全体のレントゲン写真を撮影し、顎の骨の大きさや形、歯の萠出方向や位置を調べる等があります。これらの諸データに審美的な要素や患者さんのご希望も加味し、総合的に判断することになります。
歯を抜くこと自体は、私たち歯科医にとっても大変残念なことなのですが、残った歯によって形成されるかみ合わせは機能と審美性をより高めることができますし、抜いたところの隙間が残ることもありませんのでご安心下さい。かえって無理に歯を残す方法を選択すると、後戻りなど弊害が出る場合もありますので、事前に担当した専門医に十分な説明を受けて下さい。

ページの先頭へ